« 2014年02月 | メイン | 2014年07月 »

2014年03月 アーカイブ

2014年03月17日

離婚が転職のきっかけに

自分の中で、「もう駄目だ」と思ったら、離婚ってすんなり受け入れられるものですね。
共働きでやってきた私たち夫婦でしたが、あまりにも彼との価値観の違いが大きすぎてしまって、今回離婚しました。
彼からの慰謝料も何ももらわない変わりに、子供にも一切会わないでほしいという条件で離婚しましたが、やはり今までの収入ではやっていけないですね。
私は一人っ子なので、実家の両親には家に戻ってくるようにと言われ、それはすごくありがたいことでもあるのですが、迷惑は掛けたくないのが本音です。

在職中に、転職先を見つけるように活動していました。沖縄で月収20万円以上の求人があればいいなあと思っていました。
運よく実家から近い会社があって、収入も上がることからそこに決めました。
面接を受けて、採用してもらいました。
ただ、結局子供は実家に預けて仕事にいくという形になってしまいましたね。
「保育料だけでもうかせられるわよ」と母に言ってもらったときの嬉しさは今でもわすれられないですね。
離婚が転職のきっかけになったわけですが、私には両親がいてくれて本当によかったと思いました。
今は、収入から実家の両親に少しではありますが、子供も預けているということでいくらか入れています。
こんなことができるのも、転職し収入が上がったからなのです。

2014年03月18日

医師の服装も重要かもしれない

学生時代、特におしゃれでもなかったので着るものは適当でした。
まあ、年齢なりに色気づく事はあったので、
ジャージとかの本格的な適当ではなかったんですけど。

ただ、授業の内容上、上に白衣を羽織る事が殆どだったんで
学校のいる時は何を着ていてもわからなかったんですよね。
よほど気合いの入っている人以外は段々面倒くさくなるっていうのが
実情でした。
特に、男子学生は……笑える状態でしたね。

医師も白衣が制服ですから、特に医学生で忙しかったりすると
あまり着るものに拘ってもいられないんじゃないでしょうか?
まあ、医学生に知り合いはいませんけど、メディアから入ってくる
情報だとそんな雰囲気を感じます。

実際、医師になるとそういうわけにもいかないのか、
男性の医師だと下に着ているものはシャツとスラックス、
ネクタイはある人もない人もいますよね。
中には明らかに普段着だろうと思われる服装の先生もいますけど。

もしもこれが私の知っている学生たちと一緒の恰好だったら……
ちょっと嫌かな、なんて思わなくもないです。
見た目が全てとは言わないですけど、だらしなかったり、
汚かったりするとその先生にはあまり診てもらいたいとは思いませんね。

学生時代には白衣でかくして適当な服装でも
社会人、医師となった場合には例え白衣で半分隠れていても
ある程度はきちんとした服装でいてもらわないと。
社会人としては当たり前の事なのかもしれませんけどね。

老健の医師へ転職

About 2014年03月

2014年03月にブログ「沖縄の離島へ転職した看護師のスローな毎日」に投稿されたすべてのエントリーです。過去のものから新しいものへ順番に並んでいます。

前のアーカイブは2014年02月です。

次のアーカイブは2014年07月です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

Powered by
Movable Type 3.38