« メガネのあたるところ | メイン

ガンガン

イギリス王室の、あの可愛いジョージ王子は、ひいおばあちゃんであるクイーンを「ガンガン」と呼んでいるそうです。
可愛いですねー。
(ガンガン、という名前はかわいくないけど)

ダイアナさんが生きていたらなんて呼ばれていたんだろうと思うと、、、
くー・・泣けます。
本当に早い死でした。

未だに陰謀説もあるダイアナさんの死ですが、いったい本当はどうなのか。

1997年8月のこと、「ダイアナ妃がフランスで交通事故死した」との知らせを受けて
英王室に衝撃が走った、、、というテレビ番組を見ました。

その後すぐに妃の運転手だった男性コリンさん(Colin Tebbutt)と
もうひとりのスタッフが遺体が安置されている病院へ派遣されたんです。

ダイアナ妃の遺体をイギリスに移送する準備を申し付けられたコリンさんは
すぐにパリの病院へ向かったけど、病院には知らせを受けた仏政治家らも訪れていて、
ずいぶん混みあっていたと。

そんな中、コリンさんは遺体が安置されている部屋に到着。

搬送されたダイアナ妃の心臓近くの血管は破裂していて
そこから大量に出血していたが、
外科医はその治療に尽力するいっぽうで心臓マッサージも行ったというではないかーー。

しかし何度ダイアナ妃の心臓に電気ショックを与えても心拍は戻らず、
「すでに手遅れ」と判断するしかなかったそうです。

ガンガンの嫁、、、、、絶対ダイアナさんも孫を見たかったに違いないのです。
悲しい・・・。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.album-mart.com/mt3/mt-tb.cgi/54

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

About

2018年02月01日 23:47に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「メガネのあたるところ」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

Powered by
Movable Type 3.38