« 鼻のかみすぎ | メイン | 計算がおかしい »

ディカプリオの映画

好きな俳優のひとりに、レオナルド・ディカプリオがいます。
かっこういいから、ではなく、純粋に演技力が好き。
ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド、もみました。
この映画じたいはあまーり好きではないけど、ブラッド・ピットも出てるし(こちらも大好きな俳優さん!)で見ました。
このふたり、初めての共演だったんですよね。
お互いに仲良しになれたみたいです。
二人とも性格がいいし!
ディカプリオは映画の中でも俳優の役で、ブラピはそのスタント役。
体系違うけどね、、笑
どんどんテレビが売れ出して、テレビの中で演技をしていくことに自信がなくなってきて、それを親友でありスタントの部tらピに悩みを打ち明けるの。。
子の配役が面白ろい!
アメリカのこういう世界も時代の流れでいろいろ変わりつつあって、西部劇をテレビでどんどん流したがゆえに、西部劇そのものが売れなくなっていった、、、ということらしい(ん??)。
そういう背景も見ながらこの映画を見るともっとおもしろいんかもですね。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.album-mart.com/mt3/mt-tb.cgi/88

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

About

2020年12月01日 18:44に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「鼻のかみすぎ」です。

次の投稿は「計算がおかしい」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

Powered by
Movable Type 3.38